ページの先頭です
ヘッダーのはじまりです
お知らせ
プレスリリース
お問い合わせ・資料請求
お電話によるお問い合わせは 0942-53-2174
メニューのはじまりです
  • HOME
  • 会社案内
  • エコアコールウッドについて
  • エコアコールウッド採用実績
  • 取扱製品
  • 九州木材工業の歴史
  • 木の魅力・木の知識
本文のはじまりです
エコアコールウッド

世界遺産「厳島神社」にも採用されたエコアコールウッド

エコアコールウッドは木材の短所である割れ・腐れを抑制した強くてやさしい新時代の保存処理木材です。

15年以上経過しても変わらないエコアコールウッドの耐久性

エコアコールウッドは、これまでの保存処理木材と比較して、非常に高い耐久性を持っています。

水の中という木材にとって非常に過酷な状況においても、エコアコールウッドは腐りにくく、フナクイムシによる被害も最小限に抑えることができることから、かの世界文化遺産「厳島神社」の補修工事にも採用されています(写真右)。

フナクイムシへの耐久性も強く「厳島神社」に採用されました。

エコアコールウッドは従来の保存処理木材とは全く異なり、注入処理後に高分子化され、腐朽菌による木材成分の分解を困難にし、木材そのものが腐りにくくなるという特徴をもっています。また、シロアリについても同様のメカニズムで分解困難なため、栄養源とならないことから、食害されないという特徴を持っています。雨風にさらされる環境下や、土の中など、これまで木材を使用したくてもできなかった場面でこそ、エコアコールウッドはその真価を発揮します。

屋外曝露試験8年経過後

左の素材の根元が腐れているのに対し、右のエコアコールウッドは、8年経過後もほぼ原形を留めているのがわかる。

屋外曝露試験14年経過後

素材のほうの根元は朽ちて倒れているが、エコアコールウッドは問題なく、立ち続けている。

 19年経過してもエコアコールウッドは問題なく立ち続けている。

平成11年にエコアコールウッドで設置された「国営備北丘陵公園つどいの里」のパーゴラ、一本足シェルター、テーブルベンチ。今も目立った割れも無く、美しい木の外観を保ち続けています。

つどいの里

つどいの里(平成11年設置)パーゴラ、一本足シェルター、テーブルベンチ

割れにくい。そして抜群の寸法安定性。

木材の劣化は「割れ」から生じる可能性が最も高いと言われています。
エコアコールウッドは非常に割れにくい特徴をもっており、木材の劣化を防ぐとともに、長年に渡って「木」の美しい外観を保ち続けます。また、形状が変わりにくい抜群の寸法安定性を持っているため、使い勝手が良く、住宅用資材にも最適です。

愛知万博のガスパビリオンにて、エコアコールウッドが採用されましたが、
それは同商品の寸法安定性と紫外線劣化の少なさを評価されたことが大きな要因となりました。

エコアコールウッドを木製ガードレールとして使用した例
 10年間、屋外の木製ガードレールとして使用したエコアコールウッドと他注入製品の比較写真。
左の注入製品に割れとヒビが目立つのに対し、右のエコアコールウッドには目立った割れは見られない。

環境にやさしい無毒性

エコアコールウッドは無毒性で、環境にやさしい保存処理木材です。
焼却しても有毒ガスの発生がなく、灰中にも有毒物質は残存しません。
処理木材特有の臭いもなく、自然のままの木材と同様に、
人に対しても無害なので、安心してご利用いただけます。
まさにECO時代に不可欠な木材として、いま多方面から注目をされています。

環境にやさしい無毒性

多くの採用実績と、幅広い使用用途

エコアコールウッドはその優れた耐久性と、環境にやさしい無毒性が評価され、
多くの自治体及び、民間企業に採用されています。

その使用用途は幅広く、神社、仏閣、城などの日本国有の建築物や文化遺産の木質材料として、空港施設、美術館、体育館、学校、幼稚園、老人ホーム、大型ビルのカーテンウォールやルーパーなどの木質材料として、デッキ材、ポーチ柱、土台、柱、格子、外壁材、付梁、付柱、破風板、軒天などの住宅部材の材料として、さらには木製ガードレール、木製グレーチング、木くい、人工漁礁など土木部材の材料として、公共から民間まで、あらゆる場面でご利用いただいています。

多くの採用実績と幅広い使用用途
エコアコールウッドには私たちの想いが込められています。

九州大学農学部林産学科の樋口光夫教授(当時)の基礎研究をもとに、同教授の組織した産・官・学(九州木材工業・福岡県工業技術センターインテリア研究所、九州大学大学院農学研究院)の共同開発により実用化されたエコアコールウッド。その開発には、「日本の森林を守りたい」という私たちの想いが込められているのです。

採用実績を見る
開発への想いを見る
エコアコールウッドの性能について見る
代表取締役社長 角 博
エコアコールという名前は、エコロジー(生態学)と、フランス語のアコール(調和)を組み合わせて名づけられました。ヒドロキシメチルフェノールモノマーを主剤とした保存薬剤である「エコアコール」は水溶性であり、接着剤型のフェノール樹脂とは全く性質が異なります。木材保存注入用薬剤として開発したもので、分子量が小さく、木材への浸透性も十分です。

また、エコアコールは熱硬化性であるため、木材への注入後は熱を加えて、木材中のエコアコールを高分子化し、無毒で安全性の高い樹脂に変化させ、腐朽菌やシロアリの攻撃を阻止します。
エコアコールウッド製品
規格品
(杉・桧)
デッキ材、外壁材、ポーチ柱材、土台、フェンス材、格子材柱用部材などの規格品
エコアコールウッド杉規格品の写真) (エコアコールウッド桧規格品の写真
>> エコアコールウッドの規格品一覧はこちら
規格製品 エコアコールウッドC種ガードレール、
エコアコールウッドP種横断防止柵・転落防止柵、
エコアコールウッドグレーチング、エコアコールウッド自然歩道施設製品

個別受注製品

用途に応じて、サイズ・樹種などご対応いたします。まずはご相談ください。
景観・公園施設 東屋、シェルター、パーゴラ、テーブル、ベンチ、展望デッキ、屋上デッキ
サイン、ゲート、モニュメント、木道、木橋、木柵、八橋、灯籠 等


メールによるお問い合わせはこちら
ページの先頭へ
エコアコールウッド®は九州木材工業株式会社の登録商標です。
財団法人日本適合性認定協会
優良住宅部品
優良木質建材等認証
木づかい運動
JAS